未分類

バレンタインデーにチョコ以外のプレゼントを渡す時の意味とは?

バレンタインチョコ

 2月14日はセイントバレンタインデー。私のイメージとしては、女性が好きな男性にチョコを渡して告白する日というものです。

 しかしながら、最近はバレンタインデーの進化に伴い、チョコ以外のものをプレゼントする習慣も新たに誕生しているようです。その意味を理解しながら、今年のバレンタインデーは過ごしてみても良いのではないでしょうか?

1.バレンタインデーにチョコ以外でマシュマロを渡す意味とは?

 マシュマロには「あなたのことが嫌い」という意味を示すそうです。

 そもそもマシュマロという食べ物は食べるとすぐに溶けてなくなってしまうので、それ位の関係にとどめていたいという意思表示になります。

 しかし、がっかりすることなかれ!そのマシュマロがチョコレート入りである場合は「純粋な愛で包み込む」という前向きな表現で捉えるそうです!まさに起死回生の嬉しいものとなりますよね!

2.バレンタインデーにチョコ以外でキャラメルを渡す意味とは?

 まず考えてください。皆さんはキャラメルをいつ頃の年代の時に食べていましたか??

 私は少なくとも幼稚園や小学生の時によく食べていました。

 キャラメルには懐かしい思い出のような食べ物ではありませんか?つまり、キャラメルを渡す意味には「一緒にいると安心できる存在」という人に渡すそうです。

親友とか幼馴染にはぴったりかもしれませんね。

3.バレンタインデーにチョコ以外でマドレーヌを渡す意味とは?

 マドレーヌにはその形に意味があります。マドレーヌのあの独特な形は実は貝殻を表現しています。

 そして貝は2枚の貝殻がピッタリと合わさる関係であることから、「円満関係」を意味しています。これからもっと親密な関係になりたい相手などに渡す意味を持っていると言えます。

4.バレンタインデーにチョコ以外でクッキーを渡す意味とは?

  クッキーはその触感に意味があります。クッキーはたべるとサクサクですよね?

 「サクサク=渇き」を意味しています。つまり、渡した相手とは軽い関係でいたいということから、友達でいようという意味があるそうです。バレンタインデーに相手からクッキーをプレゼントされたら、友達として認めてもらえたと前向きに捉えましょう!

5.バレンタインデーにチョコ以外でキャンディを渡す意味とは?

 キャンディって口に入れてもなかなか割れませんよね?そこに意味があります。つまり『堅い(固い)関係』を意味し、長い間続くということから「あなたが好き」となるそうです。

 本命なら喜ばしいですが、義理かどうか判断が難しいところですね。。。

代表的なバレンタインデーにチョコ以外で渡すものの意味を紹介しました。

最後にバレンタインデーに本命チョコ以外にもいろんな意味のチョコが誕生しています。

・本命チョコ
 大好きな大本命の異性にあげるチョコ

・義理チョコ
 恋愛感情のない相手に義務的にあげるチョコ。会社で渡されるチョコがこれに該当します。

・逆チョコ
 本命チョコで男性から気になる女性にあげるチョコ。これやると、ホワイトデーはどうなるんだ?って思いますが、最近はスイーツ男子も増えたことから、こういうのもありなのかもしれませんね。

・友チョコ
 女性同士の友達であげるチョコです。最近では特に多いパターンではないでしょうか?

・強敵(とも)チョコ
 男性同士であげるチョコです。全く見かけない光景ですが、最近は様々な恋愛の形もあります。今後、意外に増えるパターンかもしれませんね。

・自己チョコ
 名前の通り、自分自身にプレゼントするチョコを意味します。普段から自分にチョコを買っている私ですが、何気に自己チョコをもらう回数が断トツで多いです。

 今回はバレンタインデーにチョコ以外を渡す意味と、渡すチョコの意味をお伝えしました。