未分類

節分の由来とは?子ども向けにわかりやすく説明するポイント

節分

  2月3日といえば、節分ですよね!?子ども達には豆まきの日として「鬼は外!福は内!」と楽しみにしている子が多いのではないでしょうか?

 豆まきイベントとして定着している節分ですが、そもそもその由来をご存知ですか?
子どもさんから質問された時向けに、子ども向けに分かりやすく解説したいと思います。

1.節分の由来

節分とは季節を分けるという意味が込められています。

季節の分かれ目と聞くと、我々は四季を思い浮かべます。四季、つまり春・夏・秋・冬です。つまり、日本には季節の分かれ目は4度存在します。

そして、各季節の始まりは、立春(2月4日頃)・立夏(5月6日頃)・立秋(8月8日頃)・立冬(11月8日頃)と呼ばれており、それぞれの前日が節分に該当します。

本来であれば、節分といえば各立日の前日を指すので、計4度あるのですが、現在は2月3日を節分と言います。
その理由としては、立春が旧暦では1年の始まりとされており、その前日の2月3日が一番有名な節分になったと考えられています。

つまり、旧暦では2月4日が元旦、2月3日が大晦日に該当します。1年の最後に来年度の幸せな一年を願うという意味からも2月3日に節分が行われるようになったのです。

2.節分の由来を子ども向けに説明すると

子ども向けに節分を説明しようとして、上記を説明しても上手く伝わらないと思います。そこで、子ども向けに説明するときは以下を抑えましょう。

・節分の日は、昔は今でいう大晦日の日であること。
・そして節分は鬼を炒った豆で追い払い、新たな一年を迎えるための日であること。

鬼に代表する魔物は季節や年の変わり目に現れると考えられています。鬼とは、由来が数説あり、共通することとしては、「目に見えない」「悪い事」が具現化した姿と言われています。
つまり、人間が嫌な事を引き起こす魔物なのです。その鬼(人間が嫌がること)を追い払うのが節分なのです。

3.節分で鬼に豆まきをするようになった由来とは

豆をまくようになった理由としては、豆の語呂にあります。「豆」を、「魔目(まめ)」(魔王の目)に投げて、「魔(ま)を、滅(め)しよう!」

その他にも、豆自体が古くから魔よけの力があると信じられてきたという諸説もあります。
ちなみに、豆まきには炒った豆を使うのが正解です。なぜならば、生の豆であれば、芽が出て縁起が悪いとされているからです。

4.意外と知られていない常識
節分に年の数だけ豆を食べるのは実は間違い

節分の日、豆まきが終わると年齢の数だけ豆を食べると言われたことがありませんか?
この解釈、実は間違いなのです。

豆を食べる事自体は、節分の豆は福豆と言われ、健康にも良いとされています。間違っているのは、その福豆を食べる個数です。

正確な個数を申し上げると、「年齢+1」が正しい数です。

 なぜだかわかりますか?

冒頭で説明した通り、昔は立春(2月4日)が新年で、その前日の節分の日は大晦日です。そのため、昔は新しい年齢に合わせて豆の数を一つ加えて、明日から始まる新年1年の無病息災を家族全員で願っていたそうです。
節分は旧暦の考えの基に成り立っている日本の大昔からの文化です。

現代では、新年は1月1日、大晦日は12月31日というのが常識となっています。そのため、現在の歴に合わせると、やはり年齢数だけ豆を食べるのが正しいのでは?等、意見は統一されていないのが現状です。

いずれにしても、年に一度、節分に鬼を追い払って、その年もしくは来年の自分達自身の無病息災を家族全員で願うということに意味があるので、その細かい点は知識程度に留めておいた方がよいのかもしれませんね。