未分類

加藤浩次が暴行教師挑発の生徒にスッキリでキレる!休み明けから衝撃的!

加藤浩次 なめんな!

 

 

極楽とんぼの加藤浩次が司会を務めるスッキリで2019年1月21日に視聴者もスッキリするシーンが流れました!
加藤浩次が苦言を呈したのは、東京都町田市で起きたある50代高校教師による男子生徒への暴行問題についてのものです。

1.暴行教師挑発の内容

暴力になるのは教師の性格上前提なのか?

男子生徒は
「ツイッターで炎上させようぜ!」

と話している音声が残された動画が発見。

生徒とそのグループによるネット炎上を狙った挑発行為の可能性が大きく取りざたされている。

生徒とそのグループによるネット上での炎上を狙った挑発行為であった可能性が浮上し、動画の撮影者と思われる仲間の生徒が「ツイッターで炎上させようぜ!」と話している音声も残されていた。

 

2.スッキリで加藤浩次キレたシーン

加藤浩次は上記のように、番組内で主犯格の男子生徒グループに本気でキレる状態に。

個人的には加藤浩次の反応については、
「暴力はよくない」という建前論、綺麗事ばかりでクレーマーに怯えるコメンテーターより全然良いものだと思います。

3.一般世間の反応

男性1
男性1
私は加藤浩次さんのコメント支持しますね。 悪い事は悪いとハッキリと教えてやるのが大人の役割です。

男性2
男性2
どっかの漫画で「世間はお前らの母親ではない」とか「求めれば周りが右往左往して世話を焼いてくれるそんなふうにまだ考えてやがるんだ臆面もなく・・・!甘えを捨てろ」なんて台詞を聞いたけど、こういう躾の悪い餓鬼共に一喝して欲しい台詞だね。

男性3
男性3
インスタ映えやらYouTuberやら、そういう類いの映像撮ろうとしてたでしょ。 こんなの全員処分ですよ。 最低でも停学!主犯は退学! でなきゃ、マジメな先生はやってられん!

このように、今回の加藤浩次の暴行教師挑発の生徒に対するキレる発言については、世間は前向きな方向で捉えられているようです。

我々の時代と言えば時代遅れになるのかもしれませんが、我々(30歳後半)世代でも、教師は厳しく、行けないことに対しては鉄拳という名の指導で気づかされた事もございました。
暴力は確かに良くないと思います。しかしながら、今回のこの暴行教師に対して企てた挑発行為というものも、その後のSNSでの拡散を狙ったことを考えると、暴力以上に卑劣で最悪なことだと思いました。

未成年は少年法で守られています。軽いノリでこのような行為を犯した代償は大きいと思います。少年には今回の騒動を通じて反省をしてもらいたいと思います。